締切まで数日!50万円以下で12月開講のおすすめ英会話教室

「思い立ったが吉日」ではありますが、12月って英会話を始めるのに良い時期の1つであることは、あまり知られていません。年末年始で少し時間が取れること、春休みの海外旅行や次年度の人事異動・昇進、進学に英会話学習が間に合うことなどがあげられます。

「12月に始めよう!」と思い、色々調べててこのページに訪問したあなたは、さすがです。
でも、「短期でシッカリ伸びる英会話教室」に行くことを忘れていませんか?
しかも、50万円どころか約20万円で済むのに~。
というわけで、アツく語ってみます(笑)

長期戦略と短期戦略の裏話

闇雲に聞き流すだけの教材やグループタイプの英会話教室でも伸びることは伸びるのですが、少し鈍い。こういった教材や教室は、少し長期戦略が必要なんです(ウォーキングのようなイメージです)。

長期戦略になるので・・・
「始めてみたけど、飽きちゃった」
「成長している気がしなく、モチベーションが下がった」
「50万くらいの授業料を英会話学校に払ったけれど、通う時間がなかった」
「数十万円も支払ったのに、グループのほかのメンバーが積極的すぎて自分は話せない」

こういった状況に陥る人がたくさんいます。
そして、元の木阿弥に戻るというか・・・
「今回もダメだった」
「また、喋れない海外旅行になっちゃったなー」
なんてことになります。

短期集中型の「強み」とは?

ここで重要なのは、短期で英会話力を伸ばすことのできる英会話教室です。
仕事で英語を使う場合や春休みの海外旅行に間に合うことも可能です。

なぜ短期が重要かというと・・・
1.継続する期間が短くて済む
2.短期集中型なので、グイッと伸びて「定着」する

つまり、ランニングみたいなものです。歩くより走るほうが速いのは間違いありません。

短期集中型の英会話学習の怖い部分って本当なのか?

でも、走るとなると心配になるのが、トレーニング。
「短期で伸ばすには、厳しいのでは?」という疑問を持つと思います。

ところが、その厳しさを感じにくくさせる方法があるんですね~。
「あなた自身に合わせたカリキュラム」と「徐々にレベルを上げていくカリキュラム」です。

 


決められたカリキュラムを強要されるから大変なのです。
押し付けられた気分で黙々とこなす作業はキツイのです。
他者と比較されながら置いていかれないようにすることもプレッシャーになります。
「勉強しなきゃ」という学習感が嫌気になります。

これらを軽減することが学習効果を高める秘訣ともいえます。

 

あなたに合うカリキュラムとは?

あなたのレベルに合わせて、臨機応変に対応してくれる講座を意味します。

「開始前の英会話力」
「開始後の進捗状況や効果などの変化への対応」が大事です。

たとえば、普通乗用車の免許しか持っていないのに、
いきなりトラックを運転することはムリですよね?
そういうことです。

 

徐々にレベルを上げていくカリキュラムとは?

最初は簡単に、学習効果が高まるにつれて広く深く学べることを意味します。

「初期の頃には簡単なセンテンス(英語の文章)の英会話をじっくりと」
「終盤には、やりがいのある英会話をジックリと」
など。

実際には、多くの教材がこういう作りになっています。
でも、リアルタイムで確認しながら微調整を加えていけるかというと、それはちょっと難しいと思いませんか?

これこそが、双方向型で学べる英会話教室の最大のメリットだと考えられます。

じゃあ、どの英会話教室がいいのかという話になりますが、
自分が探したところでは、他の方と重複しそうですが、今のところ小池英語塾かなぁと思います。

小池塾は、上に書いた条件を満たしています。
しかも、1日15分のトレーニングで上達します。

普通に考えたら、胡散臭くて仕方ありません。
「15分とかウソだろ」と。

でも、英語教授法を学んだ人であれば、「たしかに!」と思えるものです。
簡単にいえば「量より質」を重視して、「できていないところ」を中心に改善していくのですね。できているところを何度繰り返しても伸びシロはわずか。足りない部分を強化することで、ガッツリ伸びていく仕組みです。

専門的には、学習の最近接効果みたいなものですね。
指導者のちょっとした指導で学習者が習得するという。

これ以外にも、スピーキングを「運動」ととらえ、運動を繰り返すことで定着させていきます。
もちろん、正しい運動かどうかを判断したり、直したりするための先生方がつきます。
ふむ、大事な部分をしっかりと押さえてますよね~。

さて、あなたならどちらを選びますか?
★当サイト管理人の解説ページを見る。

管理人が小池塾の「本質」をカンタンに解説したページを読んでから決める。

★募集締切間近(11月27日)の小池塾公式サイトで入塾するか考える。
【公式サイト】小池塾(3ヶ月×シッカリ=ネイティブのような英会話習得)
(※募集終了)

1つ言い忘れてました。
1日15分の学習(小池塾では、「口の運動」といいます)を欠かさないことが大事です。
言葉は毎日使います。なので、1週間に1日だけ2時間と毎日15分のどちらが良いかは個人の判断かも~。

電車内だったり、お風呂上がりだったり、寝る前の15分だったり。。
いろいろなスキマ時間を活用できるし、挫折しにくいことが大きな特長の1つでしょうね^^。

緊密に塾と連携しながら、学習とは思えない学習空間。
それっぽく言えば、「特別な15分を、あなたも」ですかね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:小池英会話塾

このページの先頭へ