英会話の小池塾の「本質」を本音で評価

あの小池さんが運営する小池英会話塾の本質は、ネイティブの発音を習得し、話す・聞くをマスターすることにあります。「聞けない音は話せない」という立場にあります。

これ自体は新しいことではありません。
巷にある英会話教材も根底には、この立場があります。
聞くだけの教材は、まさに聞けない音を聞けるようにすることですよね。

じゃあ、何が違うの?と考えてしまいます。
最大の違いは・・・

最大の違いは「話す発音」です!
聞くだけ教材:聞けない音を聞けるようにする。インプットした音を我流で話せるようになる。
小池塾:ネイティブの発音を聞けるようにしつつ、ネイティブのように話せるようになる。

どうでしょう?
どちらも、聞けない音は聞けるようになってますよね。
そして、話す部分で「自己流で」と「ネイティブのように」と違いがでてきます。

つまり、
小池塾は聞けるだけじゃなく、ネイティブのように話す!までをカバー
しているわけです。

小池さんが言っている「聞くだけでは話せない」は、これを言っているのですよ。

色んなネットのサイトで「聞くだけでは話せない」=「喋れない」と誤解している人が多すぎ(笑)
聞くだけでも話せます。
ただ、発音が自己流になるので、ネイティブから聞きなおされる不十分なスピーキング力になるかもしれないってことです。

だから、小池さんは、「海外では通用しない英会話」と言っているのです。
(聞き取ってもらえない英会話ってことですね)
みなさんは、誤解なさらないように~。
と同時に、自己流とネイティブ流の差は、わりと重要な事だと分かると思います。

学習方法を評価してみる

小池塾ではリピーティング、プレゼン、ネイティブとの会話、ライティング(話すための文章作りというダブルで伸びる方法が良い)など様々な英語教授法の手法が取り入れられています。

ここでは小池塾の学習方法で取り入れられている主な手法の1つについて考えてみます。

その手法の1つとは、シャドーイングです。
これについても、「知ってるんだけど」という声が聞こえてくるような気がします(笑)

たとえば、スーパーエルマーは、学習教材の中でシャドウイング(ネイティブの発話に追従していくように発音していく方法)も取り上げていますし、巷の教材にはたくさんありますよね。

ただ、1つだけ大事なポイントが違っているんですね~。

その発音に対する、ネイティブの評価や改善の指摘があるかないか、です。

自分の発音が本当に正しいかどうかは、自分には分からないわけです。
そして、正しい発音が分からない自分が、「こう思った発音」をシャドーイングしているわけです。

間違った「音」のリスニングで、間違った「音」のスピーキングになる人が多いのは、これが理由です。
その点で、小池塾は大きく違うといえるのですよ。

正しい発音でのスピーキングか判断してもらえる。
間違った「音」を修正してもらえる。

これって、ちゃんとした教員・スタッフに依頼するとお金かかるんですよね・・・(苦笑)
高い金払っているのに、発音が酷いと「ふぅ~~」とかタメ息されて・・・(苦笑)
まあ、それは置いといて、結構大事なポイントです。

間違った音だと、ネイティブに「Sorry?」とか「What did you say?」と聞き返されたりして、恥ずかしいんですよね。。音が違うだけで別の単語になる場合もあるので、日本人の想像以上に英語の音は重要です。

こういう盲点になりそうな部分を分かっている方が結構いて、小池塾に入塾した「大学教授」もその1人なのでしょうね。特に、国際会議での発表を控えていると英語の発音は気になって仕方ないですから。その一方で、時間が取れなかったりします。こういう理由もあって、1日15分で効率よく継続できる小池塾を選んだのだと思います。

その他の評価ポイント

費用面

忘れてはいけないのが、価格でしょう。21万8000円(5回までの分割可)。
これを高いか安いかを判断するわけですが、思ったより安いかなと。

昔あった○○というTVCMをやりまくってた某学校は、グループで学ぶ場合でも50万以上だったりしますし、小池さんは1講演10万円以上ですし。そもそも、1日15分の学習(もちろん他に指導あります)で3ヶ月で話せるようになれば安いもんかな~と考える人が多いでしょうね。

3ヵ月後には、職場や道に迷っている外国人と積極的に話せたり、海外旅行を楽しめたりすることを考えてみると分かりやすいかなと。

柔軟性と想定外のメリット♪

これ以外にも、長所になりそうなのは色々あります。
自分の目標や現状のレベルに合わせてフレキシブルに対応してもらえる点
コラボしている財団法人の協会がパソコンの設定などで支援してくれて、塾終了時にはパソコンスキルも上がっている塾生が続出な点。
2週間程度で、発音が想像以上によくなっている点(もちろん、リズムや抑揚はまだまだ)

1日15分は○○が大事です

あっ、最後まで読んでくださった方への耳より情報になるかもしれませんが、1日15分の学習はサボらないようにして下さいね。継続が本当に重要です。ネット上の体験談をかなり読みましたが、サボり癖がつくとそのまま放置する方がいたので。

小池さんも「3ヶ月1日15分なので、サボらないで欲しいし、サボっても必ず連絡取ってスグ復帰して欲しい」と言ってます。

小池塾の募集期間と公式サイト

双方向型で懇切丁寧な小池塾は、塾生への対応をしっかりやるので大人数の申し込みはできません。
人数限定です。

また、今回の2期目を終了後に3期目を行なうかは未定なので、今回が最後のチャンスになる可能性もあります。

申し込み期間も限定されています。
12月3日開講(都合悪くても、相談すればフレキシブルに対応してもらえると思います)なので、
11月27日が申し込み締切日です。
あと数日しかありません。

ネイティブが普段話しているようなホンモノの英会話を短期間でマスターしたい方は、今すぐ小池塾に申し込むことも検討すると良いでしょう。きっと「何でもっと早く気づかなかったんだ・・・」と思うことでしょうね。

追記:第2期の募集は終了したようです。

[他社との関連性]
一般社団法人インターネットマーケティング協会がプロデュースし、
株式会社インフォトップから申し込みできる英会話塾。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:小池英会話塾

このページの先頭へ